「世界の持続可能な観光地 2022年 TOP100選」を大洲市として獲得しました

この度当法人は、愛媛県大洲市の地域DMO(観光地域づくり法人)として、国際公式認証機関の非営利団体グリーン・デスティネーションズ(オランダ)に対して、持続可能な観光地としての認証獲得に挑戦しました。

日頃から取り組んでいる観光産業による町並み保全や活用が、地域の優れた取組事例「グッド・プラクティス・ストーリー」として評価され、愛媛県で初となる国際認証「世界の持続可能な観光地 2022年 TOP100選(Green Destinations TOP 100)」を獲得しました。

今後も引き続き、持続可能な観光まちづくりを推進して参ります。

≫Green Destinations TOP 100 OZU JAPAN

 

※「世界の持続可能な観光地TOP100選(Green Destinations TOP 100)」とは

国際公式認証機関であるオランダの非営利団体グリーン・デスティネーションズが、持続可能な観光の国際基準を取り入れ、より良い地域づくりに努力している地域を毎年選出しているものです。エントリーには、持続可能な観光に関する100項目にわたる国際基準のうち、景観保全や文化財の保護、エネルギー消費量の削減など、特に重要な15項目の指標をクリアしていること、さらに、地域の優れた取組事例「グッド・プラクティス・ストーリー」の存在が必要になります。2022年度は国内で10市・地域が選定されました。